​ひまわり宿泊サービス

お泊まりサービス / 自主事業

【お泊りデイ】

​と

【​ショートステイ】

の違い?

​お泊まりデイサービス

デイサービスが行う宿泊のサービスです。日中はデイサービスで過ごし、デイの場所で宿泊する事ができます。場所とスタッフが同じで安心して泊まる事ができます。就寝場所や、利用時間等は静養室や共用スペース等、運営するデイサービスの建物によります。1泊2日よりご利用できます。

​ショートステイ

短期入所生活介護(=ショートステイ)ともいい、介護認定を受けた方が利用できる宿泊のサービスです。特別養護老人ホーム等の中にある併設型と、ショートステイを専門で行っている単独型があります。お部屋は多床室と個室があります。1泊2日よりご利用できます。

​お泊まりデイとショートステイの違いまとめ。

​❶ 費用的には、軽減制度の対象でなければ、どちらが高い安いは無く、事業所の設定費用によります。

設備環境に関しては、事業所により差が大きいので、1度見学する事をオススメしています。

 夜間の介護部分に関しての算定費用を、介護保険になるか、自費になるかの違いがあります。

ショートステイは比較的大人数の中での泊まり、宿泊デイは少人数の受け入れ対応が多いです。。

❺ 日頃よりデイサービスに通われている方は、お泊まりデイに安心感を持たれる方もみえます。

​比較項目

ショートステイ

​ひまわりの

お泊まりデイサービス

​費用

★基本費用は介護保険を利用

​★所得により減額制度が利用できる

​ 食費、滞在費は事業所の設定によります。

★宿泊費は1泊(夕朝食込み)3,570円です。

★当日と翌日はデイサービスのご利用料金が必要になります。

​日中サービス

​夜間サービス

★サービス事業所の日中活動の方針や併設型

 か単独型でも過ごし方の違いがあります。

★日中はいつも通りデイサービスを利用

★夜間はデイサービスで宿泊をします。

​メリット

​★所得による割引きが使用できる場合

 は、費用的に安価になる。

​★全個室、共用スペースも自由に使用できる。

★普段関わりのある人と場所の為、安心できる。

​★少人数の為、対応が行き届きやすい。

​デメリット

★予約が取りにくい。

​★普段と違う場所の場合混乱される事が

 ある。

​★安心の為、デイサービスをご利用して頂いている方のみのご利用受付となっています。

​★ 日中の対応や、費用負担に関して事業所により違いがあります。

1度実際に見学をしたり、担当者より話を聞くことをオススメしています。